FPJ Blog雑感

『ヘビースコール!!!』

2017年12月12日 火曜日
『旅は続くよ、何処までも~。

というわけで、メキシコに引き続き、今度はここ、コスタリカに来てます!

コスタリカと言えば勿論第一はゴールデンパインアップルで、ジュースやIQFの工場を訪問し、

引き続き間違いない様子を確認しております!”旅”だけあって移動も半端なく多く、またこの時期には珍しく多雨続きです。そんな中。
立ち寄ったレストランに入った途端、さっきまで晴れてた空が急変
信じられないくらいのヘビースコールが辺りを襲いました。
屋根をも崩さんばかりの勢いと激しい轟音で、隣の千葉さんとの会話もよく聞こえない有り様でした。

そんな中、びびる我々を余所に同行した現地の人は、これで泥まみれの車の洗車代が浮いたと喜びの談。。

物は考えよう、ですね~。。』

 

かつ

 

 

 

『美味しいグレープフルーツ出来てま~す!』

2017年12月6日 水曜日
久々。
旅レポ的な投稿をひとつ。お客様ご同行にて現在、ここメキシコに来ています!

天候は温かく快晴、絶好の農地訪問日となりました。

そこで工場近くにあるレッドグレープフルーツの農地を視察。

只今シーズン真っ盛りで、美味しい果実がその名の通りグレープのように房をなして元気に実ってました!
今 年もいいもの、出来てますよ~

 かつ

硬貨が高価?

2017年12月4日 月曜日

先日、自販機に何度入れても戻ってくるコインがあり、よく見ると周囲にギザギザのある10円玉でした。思えば見なくなりましたよね。以前は1週間くらいの周期でお財布に戻って来ていた気がします。自分でも良くないなと思うのですが、無くなってから気付く事ってありませんか?例えば建物が取り壊された更地を見て、ここに何があったか思い出せないなんて事。「ギザ10」を見なくなった理由について、次のどちらかではないかと考えました。1つは同じ様に自販機等で対応出来ないため、銀行が回収。もう1つはコレクターが収集。そこで、「ギザ10」の価値が気になり調べてみました。発行年度によって異なる様ですが、5倍の50円には成る様です。そうなると気になるのが、一番倍率が高いのはいくらがいくらになっているのだろうと。平成13、14年に発行された1円玉が100倍の100円、最高だったのは昭和62年発行の50円玉がなんと160倍の8,000円となっていました。この関係は単純で発行枚数による希少価値の様です。皆さんもたまには財布な中を見てはいかがでしょう!ひょっとすると、思わぬボーナスがなんて事もあるかも知れません。

以上、松戸の彦星でした。

ユガデ

2017年11月27日 月曜日
西武秩父線の東吾野駅からほぼ北に1時間ほど
入った山の中に「ユガテ」という地名がある。
ここには、奥武蔵自然歩道が通っていて、休日に
は多くのハイカーが訪れる。
ユガテは小さな盆地で民家が2軒あり、畑には葱・
里芋・胡麻・キビなどが栽培されている。桃源郷のようなところです。
この地名の謂れについて、
昔この地には、湯が天に届く位湯が出ていたので「湯ガ天=ユガテという。           孤高のライダー 

お茶畑

2017年11月20日 月曜日

こんにちはゲンゴロウです。

ゲンゴロウ出身鹿児島県のお茶畑をご覧ください。

よく見ていただくと柱に扇風機がついているんですがお分かりでしょうか。

これはお茶の新芽が霜によって枯れてしまわないように空中の風を送ってあげる装置とのことです。
知らないとびっくりしますよね・・・
ゲンゴロウでした

京島南公園のすべり台

2017年11月13日 月曜日
今日は当社の近くにある京島南公園の紹介をしたいと思います。
京島南公園は、東京都墨田区の京島にある公園で、住宅街の中にある公園です。
この公園の特徴は、なんといっても大きなすべり台です。
3階建ての建物位の高さはあるのではないでしょうか?
私は残念ながら滑ってはいませんが、お近くに立ち寄った際は試してみては如何でしょうか。
かとちゃんでした。

京野菜

2017年11月6日 月曜日

夏の京都をおよそ30年ぶりに訪れました。暑い夏の京の街を巡った後は冷たいビールと京野菜料理をいただきました。
ところで、「京野菜」って何種類くらいあるのでしょうか?
1987年に京都府・京都市・関係団体が「京の伝統野菜」を定めましたが既に絶滅した品目も含まれており、1989年に京のふるさと産品協会が「京のブランド産品」の認定制度をはじめ消費者への宣伝を続けているそうです。この中には果物や水産物も含まれていますが中心は野菜です。京野菜は今やブランド品化して野菜といえども普通の野菜より高値ですが、農家や流通関係者・地元料理人たちが丹精込めて育ててきた食文化の一端を担うものですのでより手軽に入手できることを願うものです。
今回は、賀茂茄子の揚げ出し・伏見唐辛子の天ぷらなど旬の夏野菜をいただきました。秋から冬に向けてお正月料理に欠かせない金時人参などが市場に出回ります。

金太郎の弟子

鰯シリーズ第4段

2017年10月30日 月曜日

今日は。印旛沼ほとりの住人です。

さて、鰯シリーズ第4回。今回も刺身でいただきます。

三枚におろし皮を剥き..というところまでは前回と同様ですが、鰯を叩きまし、

て、ショウガとシソの葉(大葉)、ネギをみじん切りにして味噌とあえたもので、

千葉では「なめろう」と言います。「なめろう」の素材にはアジ、トビウオが

多いですが、鰯も格別です。

アイスランド産の赤魚粕漬け、なす焼きおろし和え、きゅうりの酢醤油漬けを

彩りに添えますが、写真の中央が鰯でして、この日の晩餐はこれが美味でありました…!!

ヨーグルトを飲む?

2017年10月23日 月曜日

先日テレビを観ていると、チリではヨーグルトを飲むと言っていました。

確かに映像にはチリの人々が日本でいう、4連のヨーグルトの1つを片手に歩きながら飲んでいました。

自動販売機でもひとつずつ売っていてスプーンは付いていません。容器も柔らかく、潰れやすい容器なので、容器を押しつぶしながら飲むそうです。

そして、2001年までは南米でヨーグルト消費量最下位だったチリは今ではヨーグルトの消費量が上がり、南米のよーg

今度、チリに出張に行く方に、本当にチリ人はヨーグルトを飲むのか確認してきてもらおうと思ったメイママでした。

蝉の渓谷

2017年10月17日 火曜日

群馬県南牧村の観光地と言えば、水がキレイで滝が多いイメージですが、ここに蝉の渓谷(せみのけいこく)があります。

蝉の渓谷は対向車も少なくて、野鳥の鳴き声、清流のせせらぎ、澄んだ空気、三拍子揃った自然豊かな心和む場所です。

ここは群馬県指定の天然記念物及び名勝として知られるスポットです。 一級河川の南牧川に蝉の渓谷はあります。 

「蝉の渓谷」の「蝉」は、「狭水」がなまって「蝉」と記すしたり呼んだりするようになったというようなことらしい。「狭水」で「せみ」・・・このような難しい日本語に初めて出会った気がします。

眺めてみると名勝と呼ばれる「狭い水」です。

孤高のライダー

 

 

Copyright ©Marugen FPJ Co., Ltd. All right reserved.