FPJ BlogFPJブログ

蝉の渓谷

2017年10月17日 火曜日

群馬県南牧村の観光地と言えば、水がキレイで滝が多いイメージですが、ここに蝉の渓谷(せみのけいこく)があります。

蝉の渓谷は対向車も少なくて、野鳥の鳴き声、清流のせせらぎ、澄んだ空気、三拍子揃った自然豊かな心和む場所です。

ここは群馬県指定の天然記念物及び名勝として知られるスポットです。 一級河川の南牧川に蝉の渓谷はあります。 

「蝉の渓谷」の「蝉」は、「狭水」がなまって「蝉」と記すしたり呼んだりするようになったというようなことらしい。「狭水」で「せみ」・・・このような難しい日本語に初めて出会った気がします。

眺めてみると名勝と呼ばれる「狭い水」です。

孤高のライダー

 

 

高速バス

2017年10月11日 水曜日

都内某所の高速バス発着所での1枚。

時間は、朝の8:00です。各地から、色とりどりの高速バスが到着しています。

バスは、長時間でありますが飛行機・新幹線より割安で利用者がかなりいるみたいです。

最近は、バスの席が一人掛け、女性専用バスもあったりで、かなり向上しています。

しかしながら、車内トイレは、最低です。すっごく、狭いです。

「藤の牛島男」でした。

 

 

日本でベトナム!

2017年10月2日 月曜日
みなさん、こんにちは!仮面ノリダーです。
さて、少し前の話しになりますが、代々木で行われたベトナムフェスティバルに行って参りました。
ノリダーは仕事でほぼ毎年ベトナムに出張していますが、ベトナムの街や自然、美味しい食べ物に触れるうち、すっかりベトナムのファンになってしまいました。今年も2月に訪問したばかりですが、「また行きたいな~」と思っていた矢先に、代々木公園でベトナムフェスティバルが開催されると聞いて、もちろん、行って参りました!!
当日、会場には日本人はもちろん、ベトナムの方も沢山来場されており、大賑わいでした。ベトナムで人気のお土産のゴージャスサンダルや、カゴバックなども販売されており、そこはまるでベトナムという雰囲気でした。もちろん、ベトナム料理も沢山販売されており、麺料理の「フォー」をはじめ、ベトナム風のフランスパンのサンドイッチ「バインミー」やかき氷のデザート「チェー」、ベトナムビール「333」(バーバーバー)などを販売する店舗が軒を連ねており、ノリダーはもちろん、それらすべてを頂いて参りました!
そんな中、現地ではあまり見かけませんでしたが、会場では、フルーツジュースとビールをMixしたフルーツビールなるものがあちらこちらで販売されておりました。スイカやマンゴーなど、トロピカル系の果汁とビールを合わせたものですが、意外とイケます!ノリダーはあまりカクテル系のお酒は苦手なのですが、甘味が程よくすっきり飲めるので、暑い夏にはゴクゴクいけそうな、そんな美味しいビールでした!
最近日本にもベトナム料理のお店が増えてきており、ベトナムブームがじわじわと来ている感じがします。本当はもう一度ベトナムに行きたい!と思っていますが、日本で味わえるベトナム料理を堪能するのも良いかも!と思っているノリダーでした。

無料バス

2017年9月25日 月曜日
こんにちはゲンゴロウです。
日本橋の無料バスを発見しました!
このバスは日本橋周辺を巡回している”メトロリンク”
10分間隔で運行していて、東京駅、日本橋、神田を巡回、買い物によさそうです。
 今まで知りませんでした。
 うまくお得に利用したいと思います。
ゲンゴロウ

男前は【二枚目】

2017年9月19日 火曜日

ちょっと前まで、かっこいい男性のことをよく「二枚目」と呼んだりしていました「よっ、二枚目!」なんて使ったりもされました。しかしもう死語となってしまいました。最近は「イケメン」との言い方がすっかり定着しています。今回は、現在は死語となりました「二枚目」の事について、少しご案内します。そもそも何故、かっこいい男性の事を「二枚目」として呼ぶようになったのでしょうか?これは、歌舞伎の芝居小屋の表正面に掲げられた8枚看板に由来しております。8枚看板には、その日に出演する主な役者8人の絵や名前が描かれています。1枚目は「主役」、2枚目は「美男役」、3枚目は滑稽役(道化役)など「脇役」、4枚目は「中軸」、そのあと「敵役」が続き、最後8枚目は「座頭」となっております。
この事から転じて、かっこいい男前の人のことを美男役=「二枚目」と呼ぶようになりました。面白い人とかかっこよくは無いけど人気のある人を「三枚目」と呼んだりするのもこの歌舞伎の看板に由来してます。
ちなみに、「イケメン」は、いけてる(かっこいい)とMan(男)から、これが略され「イケメン」となっているようです。もしくは、メンとは顔面の「面」から来ているという説もあったり、Man(男)と「面」の掛詞にもなっているとも言われてます。私は圧倒的に、イケメンよりも、「二枚目」の呼び方が、良いですね!

kabukiR.gif相模の彦十

 

 

鰯シリーズ3段

2017年9月11日 月曜日

今日は。印旛沼ほとりの住人です。

鰯のシリーズ3回目は酢の物です。3枚におろしまして皮をむき、塩を振り酢

に少々漬けます。身にしょうがと大葉を挟みましてできあがり。

画像では一番下。めいめい皿に一人分を盛り付けたので鮭とホウレンソウのお浸しより小さくなってしましたが、そこは愛嬌ということで..

単純な刺身と違うのは酢で身が締まって味が凝縮するところ。

美味です、これが!!

“まむし”の話

2017年9月4日 月曜日

昔、東京から大阪に赴任した折、関西の友人から「歓迎会をしよう。まむしでも食べに行くか。」と誘われ何も知らない関東人の自分は「関西人は蛇のマムシを食べるのか!」と驚いたものです。
恥ずかしながら、それまで関西人が鰻のことを“まむし”と言うことを知らなかった私はお店に行ってほっとしたものです。
その際、鰻のさばき方も関東では背開きが一般的で関西は腹から開くという調理方法が異なることも知りました。
関西人が鰻のことを“まむし”と言う理由を知人に「蛇に似ているからだよ。」と言われてすっかり今日まで信じていましたが、最近テレビ番組でそのいわれは「ご飯のん中に入れて蒸すことから」であるとか「焼いた鰻の上にご飯をまぶしたことから転じた」という説を聞き「なるほど!」と思ったのであります。
そう言えば、名古屋名物のひつまぶしの名前もご飯と鰻を「まぶす」ことに由来するとの説が有力であると聞いたことがありますが、同じ料理でも土地によって呼び方が違う理由を知ることはその土地の文化や歴史を知ることにもつながり楽しいものです。
今年の土用の丑の日は過ぎましたが、鰻にまつわるお話でした。

金太郎の弟子

ついに遭遇

2017年8月28日 月曜日

中米コスタリカに行って来ました。コスタリカはコーヒーの産地として有名な事からも暑いイメージがあるかと思いますが、首都サンホセは高地なので、思いの外、涼しいのです。一方、サンホセから車で3時間ほどの距離にあるサンカロルスという地域は気温も湿度も高く、少し動いただけで、すぐに汗だくになります。ここで必ず泊まるホテルの回りにはハチドリやキツツキなどの鳥をはじめ、リス、カピバラの様な様々な動物等がいて、毎回、何かに遭遇します。ホテルの庭の先には曲がりくねった川があり、雨上がりには濁った水がかなりの水位で流れています。今回も雨上がりで足場も悪かったので川には近寄らず、食事の後、レストランのデッキから川を眺めていると眼下の岸部にイグアナの群れが・・・。

何を見ているのだろうと向こう岸に目を向けると帯状の物体が???肉眼では遠くて良く見えなかったので20倍ズームのカメラで見るとまさしくワニでした。しかももう1匹やって来ました!!

聞くところによると、コスタリカは自然保護の意識が強く、動物を籠や檻などに入れてはいけないルールがあるそうです。その結果、ワニが増え過ぎて海にも進出し、毎年10人位の被害がで出ているそうです。いつかはコスタリカで海を見てみたいと思っていましたが、ワニと海で遭遇したらと思うとビーチでものんびりしていられませんね。

以上、松戸の彦星でした。

 

 

こんな山の中に無人販売所

2017年8月21日 月曜日
飯能市郊外の登山道の途中に、野菜などの無人販売所があります。
近くの農家が売っているようですが、買える人はここを通る登山者だけです。
買ってしまうと荷物が増えるので、軽いものしか買えないかもしれません。
この付近は、イノシシ、鹿、タヌキなどがいます。農山村で暮らすには彼らと向き合っていく
ための無料無人販売所かもしれません。
孤高のライダー

ハッピーバースデー

2017年8月14日 月曜日

先日、娘の誕生日と保育園のディズニー親子遠足が重なったので、バースデーディズニーを体験してきました。

園内でバースデーシールをもらい、着けて歩いていると、キャストの方から「お誕生日おめでとう」と声をかけられ、

半分、なんで皆、私の誕生日知っているの?という感じでしたが、娘の気分は上々の様でした。

驚いたのは、レシートに「ハッピーバースデー」と打ってくれたこと。そんな粋な対応に、さすが、ディズニーと感じました。

また機会があれば連れて行ってあげたいなー。

皆様もバースデーディズニー体験してみてはいかがでしょうか?  メイママでした。

 

 

Copyright ©Marugen FPJ Co., Ltd. All right reserved.