FPJ BlogFPJブログ

横から見てもスカイツリー

2012年7月17日 火曜日
行って来ました。スカイツリー!
と言っても、今回は海外のお客様2名と一緒という状況でしたが。。。
まさに『さくさく』という言葉が似合う立ち回りで、まず展望デッキを速攻で見終わったと思ったら、
すぐさま『もっと上へ行こう』と言わんばかりで慌てて展望回廊行きのチケットを買ってエレベーター
になだれ込む始末。残念ながら展望デッキのガラス床を含め1/4は見てない状態でした。
言い出す間もなく展望回廊に到着後、目まぐるしいスピードで移動し、小生の目が回ったところで はい終わり。またまた速攻で下まで降ろされた次第です。。。
日本人である小生にとっては、土地勘もあり、あらゆる方向をゆっくりじっくり眺めたい気分もありましたが、
海外の方々は、周辺における情報が乏しいため、余り魅力的に感じなかったのも知れませんね。
ところで写真はスカイツリーなんですが、これは隣の建物、イーストタワー31階から
『椅子に座ったまま海老反りになって』撮影した写真です。
なので、ツリーが縦じゃなく横になっているわけです。
横で撮ってもダイナミック感抜群のツリーでした。
因みに週末は特に混み混みなソラマチですが、このイーストタワー30階、31階レストランは下の階より比較的
空いていました。ちょっとお値段張るお店が多いですが、混んでるときはこっちがさくっと入れるかも。です。
かつ

「土用の丑の日」は鰻だけじゃないですよ!!

2012年7月11日 水曜日

皆様、こんにちは ご無沙汰しております。 梅雨真っ只中、うっとうしい毎日が続いておりますが、お元気ですか? 梅雨明けの平均日は、20日前後らしいのでもう少しの辛抱です。

本ブログもかなり国際色が濃くなり、最近は「フィリピン」「タイ」「インド」への海外出張時の話題提供が続いておりましたので、ちょっと一息ついて、今回は国内編で参ります。(元々、弊社は、海外調達の商社の為、インターナショナルが通常ですが。)

やはりこの時期の話題は「土用の丑の日」ですね。今月の27日です。土用とは、暦の立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ18日前の期間の事で、その中で十二支の丑の日を「土用の丑の日」と言います。夏だけと思っている方も多いと思いますが、四季毎に年4回以上もあるんです!

通常は、ここで「鰻」について触れるのですが、今回は趣向を変えまして「鰻以外」の土用の食物をご紹介しようと思います。まずは「土用餅」あんころ餅の事ですが、餅=力が出る、小豆は厄除けに通じる為との事からです。次に「土用しじみ」通常しじみは冬が旬ですが、夏が旬のしじみで、栄養価が高く肝臓の働きを助ける為との事からです。最後は「土用卵」栄養があって鰻同様に精がつくからとの理由です。

以上が、土用の丑の日の鰻以外の食べ物のご紹介でした。今年は、特に国内産の鰻の値段が高騰しています。値段が比較的安価の中国産に人気が集中しているようです。鰻に拘らずに、今月の27日は、餅・しじみ・卵を食されては如何でしょうか? かなり安上がりですよ。鰻は、次回の丑の日、10月31日に食するのも宜しいかと。

最後に、当社からのお勧め商品のご案内です!! うっとうしいジメジメ日には「フロリダ産のグレープフルーツジュース又はオレンジジュース」をお勧めします。果物丸かじりの味わいと甘味と酸味とのバランスが抜群で、とっても爽やかな気分になります!!今の時季に絶対お勧めの飲み物です。 是非、爽やか100%を体感下さい、我社の「土用ジュース」です。

今回、如何でしたか?       久々の登場 「hide じい」でした。

 

 

 

 

カレーの王国

2012年7月10日 火曜日

皆様、暑さに負けず頑張ってますか?  弊社は「暑気大歓迎」ですから~もっともっと暑くなって頂きたく・・・・・。

さて今日は、何度か出張で訪問しているインドの話題をお伝えしま~す。

インドと言えばカレー、カレーと言えばインド!! ご存知の通り、インド人とカレーは切っても切り離せない関係です。

さて、インドで食べた、たくさんのカレーから取って置きの写真を1枚。

これ、ほとんどカレーです、、、。しかも1食分!!!???(おかわり自由!)。

直径10cm程の小さなカップに、たくさんの種類のカレーが入っており、1度で色んな味のカレーを食べるのも、インド人の食べ方の特色です。

又、インド人は宗教の関係でベジタリアンの人も多く、写真のカレーシリーズは、全て肉無し。

種類が多すぎて、それぞれどんなカレーだったか、全然思い出せません、、、。

しかも、全部とっても辛い!!!辛いもの好きな方にはたまりませんが、辛いものが苦手な方にはとにかくキツイ!!

話題を変えてマンゴーのお話を少々。

インド産のマンゴーは総生産量の約半数を占め、堂々の世界一。種類もケサール、トタプリ、バンガンパリ、チョーサ、ラングラ、ダシェリ等々・・・数え切れない位の種類があります。

当社でも、「マンゴーの王様」と呼ばれるアルフォンソマンゴーのピューレを輸入しており、甘味と酸味のバランスが良く、濃厚な味が特徴です。是非ご賞味下さい。

ドリンク、マンゴープリン等々、用途は多彩です。『最高の味』をお楽しみ下さい。 「お宮さん」より

フィリピンの暮らし

2012年7月2日 月曜日

今回は、少しお堅い話。

フィリピンは、今まさに物凄い勢いで経済が発展しようとしています。しかし発展途上にありがちな貧富の差も

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ感じられます。

写真はマニラの一風景です。写真手前がスラム街。プレハブのような家に人がひしめき合って生活しています。スラム街の直ぐそこに、森を挟んで高層ビル群があります。この風景は、発展途上国にはよくある光景です。

ちなみに、フィリピンでは人口約9,000万人のうち、1%が「超」がつくお金持ち、4%が「普通の」お金持ち、15%が中間層、残り約80%が貧困層だそうです。

建物だけでなく、レストランやスーパーマーケット等のお店も、富裕層向け、貧困層向けとハッキリと分かれています。富裕層向けレストランでの一食の代金は貧困層の人々の1か月分の給料以上だそうです。

日本のような先進国では見かけないこの光景、国がどんどん発展していく過程では、この貧富の差の存在はある程度仕方がないのかも知れませんが、資本主義経済の裏の面を垣間見た瞬間でした。

たまには真面目に。「お宮さん」より

インドの世界遺産と交通事情

2012年6月27日 水曜日

先日、日本から約9時間を掛け、インドへ出張して参りました。

現地ではマンゴーの栽培が非常に盛んで、当社で取り扱っている商品の買い付け、製造視察が目的でした。

移動中、運良くユネスコの世界遺産に登録されている寺院を見ることが出来ました。

その名も、「エローラ石窟寺院群」。

 

ムンバイの北東350kmに位置し、建物から仏像まで、全て岩壁を掘って作ったヒンズー教の寺院であり、5世紀から7世紀の間、約200年もの歳月を掛け作られた寺院だと言うのだから、つくづくインド人の根性には驚嘆します。

寺院内には、多くの仏像やモニュメントの彫刻があるが、残念なことに美の象徴とは程遠く、その殆どの顔が削られてしまっています。 異教徒の侵略かな??? 仏を冒涜するとは何ともはや。。。

 

インド滞在中に印象的だったことが、もう一つ。

交通事情はどこも一緒とは言え、問題なく『混雑率200%』と言えるでしょう。

特に朝や夕方の通勤時間帯はあり得ないほどの交通量で、市街地では片側3車線の道路に車やバイクが4~5台横に並んでいるのも普通です。

 

又、特にバイクはサイドミラーを付けずに走っているものが多く、後方の車両が前方の車両に自分の存在を知らせる為にクラクションを鳴らすのが、暗黙のルール。 いつまでも町中にクラクションが鳴り響いています、、、。 ここで運転できれば、世界中に通用しますよ。 

 

現地ドライバーの強気な運転に、少し車酔いしてしまった「お宮さん」より

 

Azumacho Cafe のオリジナルメニュー

2012年6月20日 水曜日

こんにちは、アボカド好きな藤の牛島男です。

今回は、先月の5月22日にトーキョースカイツリーと一緒にオープンしました、「Azumacho Cafe」のことについて一部ご紹介いたします。

「Azumacho Cafe」は、丸源飲料工業㈱が展開します初のカフェでございます。詳しいご紹介は、トーキョーサイダー倶楽部のホームページをご覧下さい。このカフェでは、丸源飲料工業㈱のルーツでありますトーキョーサイダーと一緒に地元企業とのコラボレーションメニューやオリジナルメニューを提供していて、弊社丸源エフピージェーで輸入しております商品も数多くメニューに使用頂いています。

 

中でも、吾嬬町アボカドドッグは、地元の二つのパン屋さんが初めて共同開発したという小麦本来の味と食感にこだわったパンと、ジューシーなポークミートにオリジナル香辛料を加え本場ドイツでも称賛の製造技術で作られたソーセージ、そして当社一押しのアボカドに玉ねぎ・にんにく・ハラペーニョを加えたガッカモーレをトッピングしたスパイシーなホットドッグとなっていますので、是非召し上がって見てください。アボカド好きな私の一押し商品です。

又、チーズドッグは、アメリカの有名なチーズメーカーの商品を使用しています。絶妙にブレンドされたリッチでクリーミーなチーズソースを温かいままトッピングした、豪華なドッグです。

これらオリジナルホットドッグメニューに加えて、チップ&ディップも提供しています。ガッカモーレとチーズソースをディップとして、トルティーヤチップスで召し上がってください。お酒のおつまみに最適です。

勿論、メキシコ産の旨辛ソースのチョルーラやかわいい樽型をした米国産マイルドイエローマスタードも、常備していますのでお好みに応じてホットドッグ、ディップにチョイ足しして召し上がってください。お店のコンセプトは下町ではありますが、気分はメキシカン・アメリカンであります。それぞれ、お店でお買い求めにもなれます。

他にも、美味しくて楽しい商品が揃っていますので、「ソラマチ」に遊びに行かれるときは是非お立ち寄りくださいませ。

「藤の牛島男」でした。

 

マンゴーづくし!! Part 3

2012年6月18日 月曜日

フィリピンでのマンゴー料理特集、今回が最後です!

最後はケーキ特集!!

フィリピンは、マンゴーのメッカだけあって、カフェに行くと数種類のマンゴーケーキが置いてあります。

今回試したのは3種類。

エントリーナンバー1番は、マンゴーチーズケーキです。

日本で言うところの、レアチーズケーキの上に、マンゴー果肉を使ったソースが乗っています。チーズケーキとの相性もよく、とても美味です。

エントリーナンバー2番は、マンゴータルト。

タルトの上にそのままのマンゴー果肉が惜しげもなく乗っており、「これぞマンゴーのデザート!!」という感じでした。

エントリーナンバー3番は、マンゴーブラボー。

チョコレートと生クリームのケーキにマンゴーソースが乗っています。ボリューム満点で、大変満足です(写真のケーキは横幅20cmくらいありました)。

3品とも、全て美味しく頂きました。

やっぱりマンゴーの本場はお見せに置いてある種類が多いですね!!

出張中、少々食べすぎで胃の調子が悪い「お宮さん」より

 

マンゴーづくし!! Part 2

2012年6月11日 月曜日
先日のフィリピンで見つけたマンゴー料理の第2弾です。
今回は、アイスクリームとクレープ!
アイスクリームは、バニラアイスにボール上にカットされたマンゴーがのっています。
クレープは、カットされたマンゴーがそのままクレープ生地に巻かれていて、生クリームとチョコレートソースがかかっています。。
日本でも、食べられそうなメニューですが、やはり地元で食べると、とても美味です。
さすがはフィリピン!!
マンゴーの栽培が盛んだけあって、どこに行ってもマンゴー料理はあります。     お宮
 

マンゴーづくし!! Part 1

2012年6月4日 月曜日
今回は、フィリピンでの料理の一部をご紹介します。
フィリピンでは、マンゴーの栽培が非常に盛んです。
なので勿論フィリピン国内の家庭やレストラン、カフェなどでは、いろいろな種類のマンゴーを使った料理を楽しむことが出来ます。
先日、フィリピンに訪問したときに食べてみたマンゴー料理の一部を紹介します。
今回第1弾は、写真の料理です。
オレンジ色のものは勿論マンゴー。
マンゴーの横にソーセージがあって、ウスターソースが掛かっているように見えますが、実はぜんぜん違います。
ソーセージのように見えるものは、実はフィリピン特有のお餅です。
フィリピンでは、お餅をバナナの葉っぱに巻いて蒸したものを食べるのが一般的ですが、写真のものが、これです。
日本のお餅と比べ、歯ごたえがあり、とても美味です。
ウスターソースのようにみえるのは、チョコレートソース。
実は写真の料理はスウィーツでした。
マンゴーと地元のお餅、、、ペロリと全部食べてしまいました!!                       お宮より

2012年におけるストロベリーの最新情報を入手!

2012年5月29日 火曜日
大荒れだった2011年。それから1年経った今、世界情勢は
どのようになっているか。
詳しくはNEWSをご覧下さい。    かっちゃん
Copyright ©Marugen FPJ Co., Ltd. All right reserved.