FPJ BlogFPJブログ

梅雨の洗濯物問題

2017年7月24日 月曜日
こんにちは!仮面ノリダーです。
梅雨のジメジメ、本当にゆうつになりますよね。
洗濯物がなかなか乾かずに困りますよね。
ノリダー家でも毎年梅雨時期の洗濯物問題には毎年頭を悩ませております。3年前に乾燥機付きの洗濯機を導入したので、バスタオルの生乾き臭問題はすっかり解決しましたが、洋服類は縮むのが怖くてどうしても乾燥機に入れる勇気が・・・。
そこで!!
少しでも洗濯物が早く乾く方法をインターネットで色々と検索してみました。やはり皆さん、共通の悩みがあるようで、本当に様々な工夫や努力をされているようですね。なるほどー、と思う方法もいくつかあります。例えば、脱水機を2度掛けする、裏返して干す、フード付きの洋服はさかさまに干す、部屋の扉の近くに干す、などなど。とにかく水分をなるべく早く飛ばすよう、良く絞って、出来る限り風通しを良くするということが大事なのですね。扇風機と除湿機を併用するのも効果的ですね。また、ノリダーもたまにやってしまうのですが、カーテンレールに干すのは絶対NGだそうです。湿気がたまりやすく、カーテンの汚れなどで雑菌が繁殖しやすいとの事。まあ、ダメだということわかってはいるものの、干す場所が無いし・・・。本当は、こまめに選択をすることで、干すスペースになるべく余裕を持たせることで早く乾かすというのが一番良いそうで。これもわかっているものの、なかなかね・・・
ただ、梅雨の時期、いいこともあるそうですよ。梅雨の時期は湿気があるので、家の中の汚れが湿気の水分で落ちやすくなっており、掃除をするのは一番いい時期なんだそうです。乾燥している年末よりもむしろ、いまの時期が掃除時なんだそうです。
雨降りでなかなか外に出るのも面倒になる今日この頃、この時期だから出来る事、やっておいたほうがいい事をかたずける良いチャンスです。ノリダーも重い腰を上げて、色々と掃除をしてみようかと思っている(思っているだけ・・・)の今日この頃です。

『虫のお知らせ?』

2017年7月18日 火曜日

どうも~。

今後は、メキシコ入り~。
で。
早速ですが、その日の夕食の出来事。
現地の人に、『喰ってみぃ』と差し出されたのはなんと、綺麗にこんがり美味しそうに焼かれた、バッタの大群でした。。。
バッタ = 異物、の感覚がある私めにとって、それを食するのは職業柄NGでありまして。。結局食べず仕舞いでした。
でも隣の技術部担当は、パクパクしてました。。。
これって・・・。

『毎度、毎度のコスタリカ!』

2017年7月10日 月曜日

どうも~。

ってことで、またまたやって来ました、ここコスタリカ!
今回は雨季での訪問にて、昼間晴れてるときはガンガン暑いが、一度雨降りゃ風呂桶がひっくり返されたようなどしゃ降りで、ホントに猫や犬も降って来そうな勢いでした。。
そんな中、滞在先のホテルの部屋の前にはスターフルーツの木が生い茂って沢山の実が今回の訪問を歓迎してくれるようでした。
また、その一方で部屋の中では偶然床に居合わせた地元の大きめの蛙さんが『いらっしゃい』と言ってたような気がします。。ケロケ"</p

お相撲のあれこれ

2017年7月3日 月曜日

日本人横綱、稀勢の里の誕生と、高安関の大関昇進で大相撲人気が、急上昇しております。

そこで、今回は、お相撲のあれこれについてのお話です。今回で確か3回目になります。まずは。“土俵”についてです、東京両国国技館の土俵の土は、一体どちらの土なのでしょうか?ちょっと調べて見ました。土俵の土は「荒木田」という壁土用の粘土質の土が最適とされていました。東京都荒川区荒木田原(現・町屋)の荒川沿岸にあった土で、きめが細かく粘土質が強いと言われています。しかし、東京近郊の開発が進んだため、現在の両国国技館で使われる土俵の土は、千葉県我孫子市周辺のものが使用されています。
地方場所はもちろん、1日間の巡業も土俵を作るので、土俵に適した土探しが担当の親方の大仕事となります。両国国技館の場合、土台ができています。その土台に使われている土は、10tトラック4台分。表面の部分は10tトラック1台分の土が使われています 。
土俵作りに機械は一切使わずいろいろな道具を使いすべて人間の手によって築き上げます。

 次に、“清めの塩”は、愛媛県松山市の「伯方の塩」(はかたのしお)を使用しています。

最後に“まわし”の素材は、幕下以下は木綿・十両以上は絹になります。関取のまわしは、絹100%のオーダーメイドで、価格は約100万円もするそうです。

 両国国技館に行かれた際、又は、テレビで観戦の際には是非取組み以外にも、色々と注目をして見て頂ければ、楽しみが増えると思います。

   “相模の彦十”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわしのオイルサーディン

2017年6月26日 月曜日

こんにちは、印旛沼ほとりの住人です。

鰯シリーズ2回目です。

今回は81パックで270円ほど()を仕入れまして、お腹だしと頭落としは

私が下準備で妻にバトン・タッチ。

セロリ煮のオイル・サーディンです。

圧力鍋にセロリ・ニンジン・玉ねぎ・ローリエ少々を敷きまして、鰯を乗せて

火にかけます。ソースはトマト・玉ねぎ・オリーブオイルをあえたもの。

30分ほどで出来あがり。

付け合わせはカツオ刺身・キャベツとレタスのチョレギ風サラダ・

旬の葉しょうがです。

8本全部は家族で一度に食べられないので、余ったらタッパーで冷蔵保存します。

鰯は年間通して味わえますが、5月中旬頃のものが好きです。

身体も心も暖まる・・・。

2017年6月19日 月曜日

みなさまこんにちは!仮面ノリダーです。

ノリダーは、昨年末、メキシコに出張に行って参りました。メキシコ訪問は初めてではありませんが、今回初めての体験した事があります。それは・・・テキーラ!

郷に入れば郷に従うべし、という事で・・・。でも今回は出張なので、次の日の仕事のことを考えて・・・ショットグラスに1杯だけ。でも、飲み方は正式(?)な飲み方で頂きました。テキーラを頼むと、小さなショットグラスに、テキーラ、サングリア、ライムジュースがそれぞれ1杯ずつ出てきます。サングリアは、普通は赤ワインにフルーツが入った甘いカクテルをイメージしますが、この場合はトマトジュースに塩やホットソースなどが入ったものです。飲み方は①サングリア②ライムジュース③テキーラの順。ちびちびではなく、いずれも一気に飲む!これ鉄則。飲んでいる時はもう必死な感じですが、飲んだ後は、「カーッ」と熱くなると思いきや、胃のあたりがぽかぽかする感じで、「酔った」というよりも「暖まった」という不思議な感覚でした。また、サングリアは無しで、手の甲の親指と人差し指の付け根のあたりにくぼみをつくって、そこに塩を一振り、ライムをギュッと絞って、ペロッとなめた後、一気にテキーラという飲み方もあるそうで。

テキーラは適量であれば健康に良いなどという研究結果がアメリカで、でているとか。現地の方も、「テキーラは意外と女性も飲むんだよ~」と言っておりました。一杯のテキーラは身体も心もぽかぽか暖め、おしゃべり好きな女子も会話が弾むという事かもしれませんね。

あくまでも適量が大事。飲み過ぎは逆に体に毒ですよ~!と、自分に言い聞かせている仮面ノリダーでした♪

一日の始まりは朝食から

2017年6月12日 月曜日

スペインに初上陸しました。実際は各国で違うのでしょうが、ヨーロッパは独特の雰囲気があって、どの空間も画になるというか、思わず写真を撮りたくなる風景でした。その街並みは長年の歴史があってこそのもので、日本でもアンティーク調に人気がありますが、本物は簡単には真似できないものと感じました。食べ物も生ハム、タコのコンフィみたいな料理、パエリアとどれもおいしく、こちらももっと様々なスペインを味わってみたいと思わせられました。そんな中、宿泊したホテルの朝食にも驚きました。アメリカの朝食とは比べものにならない位、メニューが豊富なのです。飲み物だけでも20種類位はありました。アメリカもコーヒーはレギュラーとデカフェ、ミルクはホール(無調整)、ローファット、(ノンファット)と日本とは異なり、一つのアイテムでチョイスが可能になっています。スペインでは、フルーツジュース、ベジタブルミックスジュース、スムージー、コーヒー類(カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソ等)があり、中でもミルクの品揃えには驚きました。何と6種類もあったのです。本来のミルクでホール、ローファット、スキム(ノンファット)、その他、豆乳、アーモンドミルク、ライスミルクと充実していました。

スペインの料理どころか、ホテルの朝食も一部しか味わえない短い時間でした。

以上、松戸の彦星でした。

 

難攻不落の城

2017年6月5日 月曜日

昨年暮れ、知人に誘われて東海道の要衝に築かれ長い歴史を持つ小田原城を訪ねました。現在の天守閣は、1960年に再建されたもので再建から55年余りたち平成の大改修を終えた天守閣が昨年5月1日に公開されました。
小田原城と言えば、戦国武将として名を馳せた北条氏を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。南に相模灘、東に酒匂川、西と北には箱根山という要害堅固な城で、四代目北条氏政の時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃を退け、難攻不落ともいわれていました。
しかし天正18年(1590年)、豊臣秀吉の軍勢による包囲戦の結果落城。北条氏の領地は徳川家康に与えられ、家康の家臣だった大久保氏が城主
となりました。その後は幕府の直轄となり、維新後の
明治3年(1870年)に廃城となりました。
天守閣の最上部からは秀吉が小田原征伐の際に築城した石垣山一夜城を展望することもできます。
案内してくれた知人によればこれからこの界隈は梅・桜・藤・つつじ・花菖蒲・紫陽花と花の季節を迎えます。

金太郎の弟子

「ベトナム疑似体験」

2017年5月29日 月曜日
こんにちはのび太です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日、仕事で大森駅に行きました。
昼に差し掛かったので、何か食べようと駅まわりを探した所、
とってもレアなメニューを見つけました。
駅を出てすぐ左のちょっとおしゃれな立ち食いソバ屋さん「麦の城」さん。
やってくれます!
「パクチーそば・うどん」!
「パクチー男子」とか、変な造語が流行るくらいパクチーが注目されてきたのは知っていましたが、
まさか立ち食いそばで!
夏好き・暑い国好きの僕としては、これはどう考えても「うどん」を選び、
ベトナムの「フォー」を疑似体験すべき!と勇む心を抑えて食券!購入。
しばしの後、出てきました!

おー!
見た目は立ち食いソバ屋さんとは思えない、ベトナムの屋台で食べた「フォー」そっくり!
…お味は…
おー!x2 大森の駅前とは思えぬベトナム感!
立ち食いソバ屋さんらしからぬ(失礼)再現力!
しばし、暑いベトナムにトリップしたような気分に浸れました。
「うどん」が「フォー」に近いだろうというのは想像できることですが、
今度は「そば」で試したいと思います!
皆さんも,安価な「ベトナム疑似体験」いかがですか?
のび太でした。

【江戸の小話・Ⅱ】

2017年5月22日 月曜日

さんは、時代劇はお好きですか? 中々若い世代の方はご興味無いかも知れませんね

今回は、時代劇に出て来る取り者を行う際に使用する「十手」(じって)についてお話します。・・・・・正しい読み方は、“じって”です。 “じゅって”では有りません。

十の手と書いて、十手・・・・なので、さも十の技が有ると思われがちですが、そんな事は無いのです。十手は「帯刀を許されていない人が、武器を持った相手を取り抑える際に使用する武器」ですので当然、相手が短刀・長刀を使用することも想定されていました単純に「鋼鉄の刃のない刀」のような形やTVでよく見られる「ユ」の字型もありましたが十手の名前が成立したころは「十」の形をしたものが主流だったようです。ただの金属の棒では滑った相手の刃でけがをする可能性もあり、相手の刃物を防ぐための「刀のつば」に相当する突起が付いていたのです。それを横から見ると「十」に見えたから「十手」となりました
時代劇ではそういう形の十手を見ることが無い為、由来もわかりにくいかもしれません。

0358_jidaigeki_prop   本所の銕三郎

Copyright ©Marugen FPJ Co., Ltd. All right reserved.